So-net無料ブログ作成
検索選択



若輩者ながらメルクリンユーザーになった私のブログです。
一人暮らしワンルームでのHOゲージ(主にメルクリン)の楽しみ方綴っていきます。 メルクリンライフを中心に、フライシュマン、ROCO、リヴァロッシや、日本型(16番・Nゲージ)の鉄道模型についても書いていきます。
国内取扱店情報から個人輸入情報、車両工作など、運転会や各種イベント等の参加レポートもできるだけアップします!

リンクフリーでございます。
メルクリンを始め欧州型鉄道模型のサイトを運営している方々、
ぜひぜひ相互リンクしましょう☆

.





前の5件 | -

アナログ運転の魅力。古いメルクリン「TEE」が走行!! Marklin 3071 [メルクリン]


神楽坂での運展会が終わった時、
よしゆきさんから手渡されたのがこちらの品。

213241.jpg

213240.jpg

F様が長年所有していた古いTEE車両。
メルクリン3071。アナログ式の車両です。

私が生まれる以前の品で、アンティークメルクリンとでも言いましょうか。

車両はRAm TEEI形と呼ばれるものらしく、
オランダ国鉄とスイス国鉄が共同開発した車両で、
1974年までTEEに使われて引退し、その後はカナダに譲渡されたそうです。

ドッグノーズと機関車の潜水艦みたいな窓がかっこいいです(*^^*)

製品は3両ですが、本当は4両編成だそうで、増結用の客車があるみたいです。
e-bayやヤフオクをチラ見してみましたが、見当たらず。
同じく貴重品なんですかね?
品番が分からないので、ご存じの方いましたら情報提供願います。


そして、この車両を走らせようと思ったのですが、
私はメルクリンのアナログ環境を所有しておりません。

とりあえず、CトラックにKATOのパワーパックを繋いで試運転をしてみたのですが、逆転装置が無いため、一方通行。

これはついにアナログ設備の導入か?

といろいろ考えていたところ、
T3号さんがMトラックとトランスの一式を譲ってくださいました!

早速自宅でオーバルを組みます。
213254.jpg

やはりメルクリンは省スペースで楽しめますね。

213242.jpg

ポイントも付けました。

パワーパックを接続し、車両を眺めます。

2016-09-25 11.12.52.jpg
うーん、いい感じ。

2016-09-25 11.12.44.jpg
連結部も独特。

そして、走行動画を。



メルクリンデジタルは非常に素晴らしい技術で楽しませてくれますが、
アナログのメルクリンはデジタルにはない味があります。

Mトラックは金属でできていて、
車両が走行をすると独特の金属音を鳴らします。

アナログではモーター音も決して静かとはいえませんし、低速運転も出来ません。

これもアナログ運転、Mトラックの味なのかなと思います。

カシャカシャと音を鳴らし、古い商品でもこうして走りづつけるのは、
丈夫なメルクリンの象徴ではないでしょうか。

この味な感じは、KATOのHOとかのアナログとは違う、メルクリンの良さな気がします。

メルクリンユーザーの諸先輩方は、まずこのMトラックでのアナログなりデルタなりから入り、
今のCトラックでのデジタルに移行している方々が多いと思いますが、
私のように最近はじめた身としては、シンプルなMトラックでのアナログ運転が新鮮に感じます。

この独特の良さを今後も楽しんでいこうかなと思います。

予算的におそらく増備はしませんがw)

ちなみに、線路の保管方法ですが、
入っていた元箱も貴重品だと思うので、別に大事に保管することにします。

頂いた線路は全てダイソーのケースに収まりました。

213244.jpg
こんな感じ。
保管も持ち運びもコンパクトになります。

 


2016年のふるさと納税は栃木県壬生町に! [日本型]

お久しぶりです。生きてます(恒例)
ボーナスが入りましたので2016年のふるさと納税をしました。

昨年は埼玉県鶴ヶ島市に納税し、
返礼品としてKATOの16番ゲージ「EF510機関車(カシオペア色)」を頂きました。

今年も鶴ヶ島市にふるさと納税して鉄道模型を頂きたいなぁと思っていましたが、
なんと鶴ヶ島市以外にも栃木県壬生町で鉄道模型が返礼品として用意されているとのこと。
TOMIXが壬生町おもちゃのまちにあるということで特産品として用意されているようです。
 
 そこで覗いてみると、いくつか目ぼしいものが。。。。
 
ということで、今年のふるさと納税第1弾として壬生町に寄付をしました。
 
そして、送られてきたのがこちら!!

 171339.jpg

でーん!

 

さてさて、開封の儀を。

171341.jpg

171342.jpg

まずはTOMIXの新商品パンフレットと壬生町おもちゃのまちにあるおもちゃ博物館のパンフレット。

そして

171340.jpg

壬生町長さんからのお礼状というお約束。

 

そしてその奥には、、、

171345.jpg

厳重に梱包された主役が、

 

こちらです。

171344.jpg

171343.jpg

H5系 北海道新幹線の10両フル編成!しかも全車両室内照明取付済み。

開業したばかりの北海道新幹線に投入されたH5系はE5系のJR北海道仕様という感じです。
ラベンダー色の帯に北海道をかたどったロゴマークが特徴です。

なんとなくですが、ピンク帯のE5系よりもパープルラインのH5系のほうが好きです。

 

 171347.jpg

基本セットと増結セットA、増結セットBが全て贈られてきました。

 171348.jpg

早速基本セットの開封。

紙箱に発泡スチロールという、いわゆる入門シリーズ仕様です。

171349.jpg

Nゲージでもこのロングノーズ!!

171350.jpg

北海道仕様のロゴも美しいです。

基本セットは先頭車とM社の3両のみ。

 そして、

171353.jpg

 続いて基本セットAの開封。

こちらは普通車2両とグリーン車1両の3両セットです。

続いて基本セットBを。

171354.jpg

こちらはパンタ車を含む普通車4両セット。

171356.jpg

この切り込みを取り去ることで基本セットの3両もブックケースに収納できます。

 ということで収納変更。

171355.jpg

こんな感じになりました。
Aの箱から1-2号車、Bの箱に移って3-6号車、またAの箱に戻って7-10号車、という感じです。
 
ちなみに、現在HOゲージにほぼ移行している私は自宅にNゲージの走行環境がありません。
実家から持ってくるか、レンタルレイアウトに行かねば。。。。
 
とは言え、せっかくの室内照明つき車両。
とりあえず、手持ちの直線で点灯確認といきます。

 171469.jpg

 171468.jpg

 171460.jpg

 171466.jpg

うーん、素晴らしい。

この製品は通電カプラーが使用されていて、走行中のチラつきも抑えられているそうです。
これは高架線をおもいっきり走行させたいですねー!(いかん、物欲が・・・)

しかし、これで実質2000円負担とは、お得以外のナニモノでもありません!!

昨年に続き2回目のふるさと納税ですが、今回も満足です(*^^*)
まだ控除対象枠が残っているので、鶴ヶ島市に寄付しようか検討中です。

今年は昨年の納税分が控除されて、月々の手取り額にも反映されています。(月々の手取りが増えてます)
納税は国民の義務ではありますが、黙って持って行かれてしまうお金を、こうして自分のほしい商品に変えることが出来るのは嬉しい制度ですね。

ふるさと納税は賛否両論あるようですが、私は好きです。はい。


ということで、久々の更新でした。


遅れてきたクリスマスプレゼント [個人輸入]

注文したのが12月初頭。

はるばるドイツから荷物が届きました。

267899.jpg

自分へのクリスマスプレゼントという口実で購入をしたものですが、
クリスマスシーズンの欧州からの個人輸入はやはり時間がかかります。

追跡によると、以下の通り、
2016-01-08_005852.png
12/16日に発送され、12/17-12/31という謎の空白期間を経ております。

ドイツから日本に到着するまで22日間!!
なんとまぁ時間のかかること・・・笑

やはり年末が近づいたら注文は控えた方がよさそうですね・・・

こちらから問い合わせをしていないのにドイツのショップスタッフが気を遣って、
季節柄時間が書かている旨、年が明けても動きがなければDHLに問い合わせをするという旨を
ご丁寧に連絡いただいてしまいました。

まぁ覚悟はしていましたが、届くのは楽しみですよね(^^)

というわけで、本日無事届いて内容物を確認。
そんなこんなでこんな時間になってしまいました。

色々と大量に購入しましたので、順次ご紹介させていただきます。

【プチ改造】marklin 39892 BR ES 64 F4をOBB仕様から塗装変更 その2 [メルクリン] [メルクリン]

では、先日の続きをば。

OBB仕様だったDispolok社のリース機関車
ロゴを消して交通赤色だけにしたのが前回まで。

245985.jpg
今日はこれに次なる所属先となる塗装が施され出場に備えます。

弊社車両工場に届いたのはこちら、

245986.jpg

hbfロゴのインレタです。
黒と黄色を作成依頼し、今週に届きました!

リースの満了したES64F4が次なる所属先として決まったのが、hbfなのです!

早速、車両工場にて機関車にインレタの貼付けを行います。
(塗装変更じゃなくてレタリングですねw)

あらかじめ図っておいたサイズなのでぴったりです。

245987.jpg

貼付け面が凸凹なのでピンセットで目に沿って丁寧に張り付ける必要があります。

ロゴマークを黒、hbfの文字を黄色で張り付けました。

245990.jpg

うん。いい感じですね!

綺麗に貼り付けできて満足です(;・∀・)


245989.jpg
車番やwww.dispolok.comのレタリング、SIEMENSロゴなどはそのまま!



245991.jpg
反対側も同じように貼り付けて。


245988.jpg

完成です!




ちょっとhbf文字は大きくてもよかったかな?

でも思ったよりも交通赤色の下地にマッチしていて素晴らしい(#^.^#)



ということで、ついにhbfは機関車を手に入れました!

増える各種イベントへの参加依頼や各所での運転会開催に向けて、
インフラや車両の輸送力を強化するために、やはり鉄道を手に入れることは必至だったと言うことですね。

こうなると、牽引の貨車や客車も作成したいですね。
運転会のインフラ・車両輸送のための貨車、液体燃料を輸送する貨車、メンバーが乗車する客車(もちろん食堂車)は必須です。
他に必要な車両ありますかね・・・?(;・∀・)

幸いインレタはまだ余っていますので、今後の要検討事項です。


このインレタ、小ロッドゆえにめっちゃ高かったので有効活用したいです(汗)



機関車も次の運転会の機会までには整備をして正式に入線させたいと思います!








【プチ改造】marklin 39892 BR ES 64 F4をOBB仕様から塗装変更 その1 [メルクリン]

今回は、ちょっと思いついた悪だくみを。

5年前に購入した機関車であるES 64 F4のOBB仕様をちょっといい感じにプチ改造をしてみようと思います。

226313.jpg

もう入線して5年になるんですね。。。
運転会や自宅の自動往復運転レイアウトも、常にフル稼働してもらっている当線一番の働き者です。
 

DispolokからOBBにリースされた機関車は5年のリース契約を終えて、返却&次のリース先への模様替えをします。
(実車はどうかって?知らん)
 

取り急ぎ車体側面に描かれているOBBのロゴを消さなければなりません。
OBBやDBて使われている赤色『Traffic Red』はそのまま残そうと思います。
 

そうなると、この交通赤色の塗料を調達しなければなりません。

近くに模型店に実機を持って足を運び、近い色を探しましたが、さっぱりわかりませんでした。

 

グリーンマックスなどである"赤色○○号"みたいな決まった色があるのかなぁとも思い調べてみたのですが、
結局どれを選べばいいのか分からず、その日は帰宅。


本職であるAkiraさんのお力を借りようとご相談させていただきました。

調べていただいた情報で恐縮ですが、
欧州のカラーはRALという色票で規格化されて、日本とは規格が違うそうです。
GunzeのH23がTraffic Redに近い色ということです。

このH23を頼りに、再度模型店へ。

 

そしてたくさん塗料が並ぶ中から見つけました。

226312.jpg

 H-23の番号を持つ"シャインレッド" の塗料です。
グンゼではないのですが、MR HOBBYブランドなのでどこの模型店でも手に入るのではないでしょうか。


ではさっそく、色はいい感じになるのでしょうか?
特に今回は本場欧州で既に塗られている箇所に上塗りをするわけですから、
わずかな違いでも際立ってしまう可能性があります。


マスキングをして恐る恐るOOBマーク周辺に筆を走らせます。

226311.jpg

うん、いい感じですね。

1回塗っただけではOBBマークを消すまで行きませんが、
マークの周囲はどこが既存の塗装と今回の新塗装か、境目が分からないほどマッチしています。


ちょっと離れて見てみると

226310.jpg
うん、結構いい感じです。

このOBBが透けちゃう感じも、中古感があって逆にリアルかもしれませんね。

今回はこの上にインレタを貼りたいと思いますので、
できるだけ目立たなくなるよう、さらに上塗りをしようと思います。

一晩乾かして再塗装、また乾かして再塗装。


226308.jpg

3回の上塗りでこんな感じになっています。

226309.jpg

遠目から見ると完全にOBBロゴが消えていますね。

交通赤色の塗装は成功と言えるでしょう。



H-23塗料のラインナップにはスプレータイプもありましたし、
今後いろいろ遊べるのではないでしょうか。

例えば、旧塗装の客車を現代風の新塗装に変更したり、
日本は他国の車両をドイツ国鉄に移籍させた想定で塗装してみたり、
DB仕様のウソ電もたくさん作れそうですね!

ICE/ICカラーの白も用意すればICE/ICカラーにも塗り替えられますね。
ってことは、ICEカラーのN700系とかも作れちゃったり・・・?

妄想が膨らむ使い方です。


今回はここまで。
次は"悪だくみ"の全容が分かる"あるもの"が届いたら作業をしようと思います。


塗料の選定でアドバイスをいただきましたAkiraさんありがとうございます!


前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。